INTERVIEW

働く人の声を聞く

 生産技術 / プラントシニアエンジニア 

木村 尚人

​2009年入社

静岡工場所属

技術力が求められる難しい業務だからこそ、
チームで問題解決したときの喜びは大きいです

line.png
line.png

Q.  モレックスへ入社を決めた理由はなんですか?

工業高校出身ということもあり、製造業への就職を考えていました。製造業といっても、工場でのライン工程のような単純作業ばかりの仕事は嫌だと思っていました。モレックスはどの部署でも高い技術力が求められ、毎日同じ作業の繰り返しでは無いという点に魅力を感じて入社を決めました。

Q.  これまでと現在の仕事内容を教えてください。

入社時はマシンオペレーターからスタートし、3年目で金型班に異動しました。
自分の中で金型は「ものすごく難しいもの」というイメージがあったので、自分が修理した金型が初めて稼働に入れた時はとても嬉しかったです。現在はシニアエンジニアとして、新製品の立ち上げや既存製品の品質・生産性向上、コスト削減活動に従事しています。
私の勤めているNPI工場(量産だけでなく新製品の立ち上げや試作工場として機能する工場)は、ここでの技術やノウハウを海外工場に海外の量産工場へ業務を移管することも多いため、海外工場のサポートをする仕事も増えてきました。

Q.  海外の工場とのコミュニケーションはどのように行っていますか?

リモートで移管先の海外工場から困りごとをヒアリングしたりサポートを行うほか、メールでもやりとりしています。基本的には英語でのコミュニケーションのため、今は英語を勉強中です。

Q.  この仕事の大変なところはなんですか?

技術力が必要なところです。頑張ればどんなものでも作れるというわけではなく、やはり技術力が無いと頑張っても生産期日に間に合わせる事はできません。そんな時でも周りには技術力を持った先輩方が沢山いて、大和・鹿児島など別の工場メンバーも一緒に知恵を出し合ってくれるため、自分一人で抱え込むようなことはないです。

Q.  仕事でやりがいや達成感を感じるのはどのようなときですか?

難しい製品や急ぎの製品の立ち上げを完了させたときに一番やりがいを感じます。

プレッシャーに感じることもありますが、難しいからこそやりがいがありますし、チームで活動しているので、同じ問題を一緒に解決したチームメンバーとも喜びを分かち合うことができます。

 

また、日々の業務のなかで様々な改善の案をチーム内で共有し、方向性を決めて改善することで、後工程の方から「使いやすくなった!」「廃棄が減った!」などの言葉をもらえたり、会社から評価してもらえたときに達成感を感じます。

Q.  職場の雰囲気はいかがですか?

とても仕事しやすい雰囲気です。たとえば仕事でミスを犯してしまったとき、ただ怒るだけでなく、「どうしたら同じミスを繰り返さないか?どうしたらミスを取り返すことができるか?」を一緒に考えてくれ、建設的に話をしてくれます。仕事以外でも、みなさん気さくに話してくれる明るい雰囲気の職場です。

Q.  休日の過ごし方

家族と過ごしたり、サーフィンに行くことが多いです。

静岡工場は海が近いこともあって社内にサーフィンする方も多く、一緒にサーフィンをしに行くこともあります。普段の仕事ではなかなか絡まない人ととも、趣味を通じてコミュニケーションを取ることができています。

入社を検討している方へのメッセージ

当社はスキルだけでなく美徳も大事にしている会社のため、人間的にも成長できる環境です。モレックスの基本理念をきちんと理解し実践できる方なら、きっと活躍できると思います。一緒に頑張っていきましょう。