PLANT

工場を知る

精密部品工場

Precision Parts Plant

精密部品工場の役割について

精密部品工場は量産工場で生産するうえで欠かすことのできない金型を製作している工場です。

設計・製作・組立・試作ができる設備を保有しており、研磨機や放電加工機、マシニングを駆使し、お客様のニーズに必要な高精度の金型を短納期で製作しています。

国内の静岡工場や鹿児島工場だけでなく韓国、中国、ベトナム、マレーシア、インド向けの金型も製作しており、海外のグローバル拠点とも連携しており、molexの金型製作では無くてはならない工場です。

精密工場のビジョン

工程を問わないチームワークで、一貫生産という強みを推進し、
「卓越した速さで、正確なアウトプットを提供する
オンリーワンの金型工場」となる

精密部品工場の技術力

Technical Strength of Precision Parts Plant

精密部品工場はMBMの理念に則し、自分自身の能力を高める行動を推進しております。

その1つに国家資格「技能士」の取得が含まれ、現在では在籍するエンジニアのうち96%が国家資格「技能士」を有し

そのうちの24%が最高位の特級技能士を取得しています。

また、厚生労働省が定めた条件を満たした技能士のみに与えられる、ものづくりマイスターが2名在籍しており、まさに真のプロフェッショナル集団になります。このスキルを活かすことにより、高品質のコネクター生産を維持するために必要な1000分の1ミリメートルという単位の金型部品公差を満たす事が出来ています。

無人化にも力を入れており、従来、人が行っていた【測定・洗浄・プログラム編集作業】を自動化できるシステムの開発に成功し実務に取り入れています。夜間も無人で連続稼働出来る様になりました。

当工場では人材育成を大切にしています。高精度の加工が可能になるには時間がかかりますが、社員一人一人と正直に誠実に向き合い、自己実現を目指し貢献できるチームになるように日々努力しています。

工場情報&アクセス

Access Information

​所在地

鹿児島県鹿屋市川西

(※鹿児島工場と同敷地内)

設立年

1992年

総敷地面積

94,464㎡

従業員数(派遣社員を含む)

約80名