PLANT

工場を知る

鹿児島工場

Kagoshima Plant

鹿児島工場の役割について

鹿児島工場のビジョン

更なる技術力の向上で世界をリードし
積極的にチャレンジを行えるOne Kagoshimaとなる。

鹿児島工場は、モレックスの中でもトップクラスの生産能力を持つ工場です。コネクターの一貫工程を所有し、ディビジョン内でも最新技術を駆使してマイクロミニチュア製品を中心に多数の市場製品を量産しています。

地域社会への貢献

Contribution to Local Community

​鹿児島ハイブリッドロケット開発の支援

鹿児島ハイブリッドロケット開発を応援しています。鹿児島精密部品工場の技術力を用いて、ロケット部品の開発製造を担っています。

小学校からの工場見学受け入れ

地域貢献活動の一環として、小学生の社会科見学への協力を行っています。

工業生産に関わる機械や携わる人の仕事ぶりを直接見学する事により、より知識を深めることに繋がります。

同時に、地域周辺の小学校/生徒に直接モレックスのことを伝える事により、知名度を高める事ができ、モレックスのもの作りへの考え方を伝え、近代的な製造過程を見せることでブランド力の向上を図ることが出来ると考えています。

2018年に工場見学を実施した際には「目で見て肌で感じてもらうのがベスト」という考えから、可能な限り現場に近付いて見学をしてもらいました。

それが功を奏してか、設備を前にして「すごい!」「音や火花に驚いたけど楽しかった」などのコメントを頂き、とても満足すると共に、工場に興味を持ってもらうことができました。

工場情報&アクセス

Access Information

​所在地

鹿児島県鹿屋市川西

設立年

1992年

総敷地面積

94,464㎡

従業員数(派遣社員を含む)

約600名